シルクスクリーンを初めてされる方にご案内です。
仕上がりイメージが2色の場合、版が2枚必要になります。

例)XSサイズで黒と金を使いたい場合


(1)主線のデータと、(2)本体の”塗り”のデータを用意します。

\こんな感じです!/

 
「製版」の注文は2枚必要です!

どんな色を使う場合でもデータは『黒1色』で作って下さい。
専用の機械が『黒』だけを読み取って版に孔を開けていきます。
この孔をインクが通り、プリント出来る仕組みです。


刷る順番はどちらからでも良いのですが、今回は黒を上に乗せたいので金から刷ります。
版のサイズに合ったフレームを組み立て、セットします。
刷りたい色のインクを置き、刷ります。

シルクスクリーンの良い所は、1つの版で沢山刷る事が出来るところ!
1〜2つ作りたい、と言うより沢山作る方向けです。沢山作った方がお得ですね!

金色のインクが乾いたら、黒を刷ります。
まだ乾いていない!と言う時はドライヤーなどあてて乾かしてから次の色を刷りましょう

乾いていないまま次の色を刷ると、2枚目の版に1色目のインクが付いてどんどん汚れが広がります!


この時、2枚目の版をセットする時1枚目の版を剥がすのか、もう1セット分フレームを買っておくかは注文の際に決めておいてくださいね!
「まだまだ刷りたい!刷り足す!」場合は、もう一つフレームをバラで購入しておくのがオススメです。
詳しくはコチラ→SURIMACCAパーツで購入

続いて黒の版をセットし刷っていきます。

黒インクを乗せて、1色目の絵柄に合わせて…

※2色刷り合わせ方のコツは別途ご紹介します。

刷ります!

これで完成です!
インクはしっかりと乾かしましょう!

2色刷りのイメージ・シルクスクリーンの仕組みは伝わりましたでしょうか?

是非、挑戦してみてくださいね!